エピレーシックとラセックの特徴

包茎について色々インターネットで調べてみると

それまでわからなかった色々な情報があります。

 

まあインターネットの世界は、辞書や百科事典という訳ではないので

どの情報が正しいかは、自分で判断するしかないものですが、

私が学生の頃の、エロ雑誌や週刊誌に載っていた程度の情報よりは、

ちゃんとしたものが多いようです。

 

包茎治療の専門クリニックのホームページなどでは包茎手術のことが

こと細かく載っています。

また、個人のサイト?などでも包茎の原因やどういうものを包茎と言うのかも

色々書いています。

 

昔の方に、間違った情報によって悩む人が少なくなるのは、大変いいことだと

思います。

 

これまで、包茎治療包茎手術は、ちゃんとした医学の分野なのに、あまりにも

ブラックなタブーな感じがありすぎたので、これからはインターネットなどで

正しい情報を誰もが気軽に手に入れることが出来て、それぞれ判断できるように

なって欲しいものです。

 

昔、これくらいの情報があれば、私の悩みも半減していたでしょう。

「あなた、歯ぎしりしてるね。」と、言われたことがあります。

最近は、歯ぎしりしていない(してるかもしれないけど、してないと思います)のですが 若いころはお泊りに来た友人に指摘されたり、姉にも言われました。

歯ぎしりは本人気づかない場合が多いようですが、やっている間、私には自覚がありました。

ああ、私 今 歯ぎしりやってるな、と。

気持ちいいんですよね。がりがりがりがり、ほぼ毎晩のようにやってました。

一緒に寝る人には迷惑でしたけど、本人は特に問題なかったんですよ。

最近見たTVで、歯ぎしりのコトをやってましたが 全身に悪影響を及ぼす「悪い歯ぎしり」と身体にいい「良い歯ぎしり」があるそうで。

私はどっちだったのか、今となってはわかりませんが おきた時 あごがだるかったり なんだかいつも疲れていたので きっと悪い歯ぎしりだったと思います。

歯ぎしりは精神的なものと、歯並びかみ合わせが関係することがあります。

今やっていないので 良かったですが ほおっておくと怖いこともあるので熊本市 歯科で治療も考えた方がいいかもしれませんよ。

私は、口内炎がよくできます。

年に7回はできていると思います。

こうして書いている間もあります。

歯並びが悪いので噛んでしまってできることが 多いです。

口内炎で札幌市中央区 歯科さんへ行くのは めずらしいと思いますが 歯科へ行くついでがあったので 歯科医に口内炎のことも言ってみる。

口内炎と対策といえば やはりビタミンB2になります。

B2にかきらず ビタミン類を積極的に摂るといいですね。 マルチビタミンでいいです。

出来にくくするには、歯磨きをきちんと行う、ということがあります。

とはいっても 歯磨き粉がしみたり、歯ブラシが当たると痛いんですよね。

だから さっとすませがちですが きちんとふだんより丁寧にやる。

キシリトール入りガムを噛むといいようです。

キシリトールガムを噛むと 唾液の分泌が促されて 口内環境がよくなります。

あとは睡眠をきちんととること。

満遍なく良く食べること。

まあこう書くと 全身の健康を守ることがすなわちお口の健康に繋がるのですね。

子供を歯科好きにするために。

 

歯科、病院など「白衣恐怖症」とでも言おうか、

医師を前にしただけで泣き出してしまう子、

病院に行く、という気配を感じて「嫌だ!」とてこでも動いてくれないなど困りますよね。

 

生後すぐ予防接種が始まっていきなり「白衣恐怖症」になってしまいます。

 

病院は致し方ないとしても

歯科は「白衣恐怖症」を治すチャンスです。

 

なんでもない、つまらないことで、

ちょこちょこ津市 歯科へ連れて行っておくと良いでしょう。

 

口を開けられた、静かに待てた、など小さいことでほめてあげます。

 

日ごろ忙しいお母さんたちは遊び下手です。

 

家で子供と向き合っていても、「あ洗濯機が終わった。

干さなくちゃ」とか「もうお昼ご飯作らないと」など常に頭の中は上の空で子供の方を向いていません。

 

歯科、病院の待ち時間と言うのは他にすることがなく、

待つしかないのですから これはもう子供と向かい合ってきっちり遊んでやる。

 

絵本を読んであげるのはおすすめです。

暑い中歯科通いはこたえます。

 

最近は歯科へ行くと、浄水器が設置されているところ増えましたよね。

 

あれはとても嬉しい。

夏なので、もちろん 冷水しか使えないようになっているけど、

ただ、赤ちゃんとか連れて出かけたときようにお湯も出たほうがいいような気もする。

 

赤ちゃん連れといえば、私もつい8年前にはそうでした。

 

今でも常に赤ちゃんを連れて移動している人を見ると本当に同情します。

 

赤ちゃんはもちろん、赤ちゃんグッズはいろいろなものが必要で私もいつも 

リュックにオシリ拭きやら、哺乳瓶やらパンパンに詰めて出かけていたなあ。

 

トイレの問題もあります。

私はトイレが近いのですが、ベビーキーパーというのが おそらく女子トイレにだけ

付いているトイレがあります。

 

赤ちゃんを座らせておける椅子が個室内に付いているのですが、

これがないとトイレできないのです。

 

本当に大変でした。

 

浄水器が増えていくと本当に助かります。

新潟市 歯医者通いの熱中症の予防にもなりますしね。

もっとも代表的なレーシックは冒頭でもご紹介しましたが、ケラトームレーシックと呼ばれるものです。

 

これは様々なレーシックの基本となっているレーシックで、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」を指します。

 

この方法は、マイクロケラトームというカンナ状の電動メスを使用する方法で従来から普及している為、最も実績が多い方法です。

 

そのほかにも、イントラレーザーと呼ばれる機械でフラップを作成する「イントラレーシック」、ウェーブフロントアナライザーという検査機を使った「ウェーブフロントレーシック」、角膜屈折矯正を行うPRK、などエピレーシックやラセックの他にも、「レーシック」と呼ばれるものはいくつか存在します。

 

どの方法を選ぶかは、患者さんの目の状態を見ながらお医者さんと決めることですが、いろいろな方法があるということを知っておくことは、自分に一番合ったレーシックを選ぶ近道になるかもしれませんね。

ラセックもエピレーシックと同様に、一番の問題点と言われているのが術後の経過です。

 

通常のレーシックの場合、角膜上皮の切り口部のみの再生になる為、殆ど痛みも無く、視力が快復するまでの時間も数時間で済むと言われていますが、ラセックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全に再生するまでに時間が必要になり、数日から1週間程度は治療用のコンタクトレンズを装着する必要があります。

 

また、再生期間中は痛みや眩しくて目を開けられないような状態も発生します。

 

他にも、通常のレーシックではボーマン膜と角膜実質の切れ込みが残りますが、ラセックの場合は、ボーマン膜が消失してしまいます。

 

この点においては、各専門家によって通常のレーシックが良いとする意見とラセックの方が良いとする意見とが分かれていますが、どちらも角膜に損傷を負った状態であることには違いがなく、どちらを選択するかは、担当医と相談の上、利用者が自己責任で決めることになってしまいます。

 

また、ラセックとエピレーシックの異なる点として、アルコールの使用がありますが、このアルコールの使用による長期的な影響が現状では判明されていないため、アルコールの使用を危険視して反対する医師もいるようです。

ラセックは、基本的にエピレーシックと同じものと言うことが出来ます。

 

エピレーシックとの異なるの点として、フラップを作成する際にエピケラトームの代わりに、角膜をアルコールに浸して柔らかくなった角膜上皮をめくることでフラップを作成するという点が挙げられます。

 

ラセックは、エピレーシックと同様に、角膜が薄い場合や強度の近視の場合に適している方法だと言えます。また、フラップは角膜の再生によりはがれ落ちる為、眼球に強い衝撃を受ける可能性がある場合にも適用されます。

 

フラップの厚さは角膜上皮分の50μmになり、通常のレーシックの半分以下になる為、フラップの扱いが困難になってしまいますが、角膜上皮が完全に再生されると手術前と同様の眼球の強度を保つことができます。

エピレーシックの一番の問題点と言われているのが、術後の経過です。

 

通常のレーシックの場合、角膜上皮の切り口部のみの再生になる為、殆ど痛みも無く、視力が快復するまでの時間も数時間で済むと言われています。

 

しかし、エピレーシックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全に再生するまでに時間が必要になり、数日から1週間程度は治療用のコンタクトレンズを装着する必要があります。

 

また、再生期間中は痛みや眩しくて目を開けられないような状態も発生します。

 

他にも、通常のレーシックではボーマン膜と角膜実質の切れ込みが残りますが、エピレーシックの場合は、ボーマン膜が消失してしまいます。

 

この点においては、各専門家によって通常のレーシックが良いとする意見とエピレーシックの方が良いとする意見とが分かれていますが、どちらも角膜に損傷を負った状態であることには違いがなく、どちらを選択するかは、担当医と相談の上、利用者が自己責任で決めることになってしまいます。

目の角膜は、角膜上皮(50μm)、ボーマン膜(10μm)、角膜実質(400〜500μm)、デスメ膜(10μm)、角膜内皮(5μm)の5層からなっています。

 

通常のレーシックでは、角膜上皮から約100〜200μmの厚さでフラップを作成する為、角膜実質の中間でフラップを切り取ることになります。

 

エピレーシックの場合は、角膜上皮とボーマン膜の間でフラップを切り取ることになる為、50μmの厚さのフラップになり、ボーマン膜の上からエキシマレーザーを照射することになります。

 

通常のレーシックでは角膜実質で切り取りますが、5層の角膜の中で再生するのは角膜上皮だけの為、手術後も角膜実質に切れ目が入った状態になってしまいます。

 

一方エピレーシックの場合は、戻したフラップはやがて剥がれ落ちて、新しい角膜上皮が再生されます。

 

つまり、エピレーシックはボーマン膜をレーザーで消失する代わりに、通常のレーシックに比べ強度の保った角膜になることから、眼球に衝撃を受ける可能性があるボクサーなどに適している手術法でもあります。

最新ニュース

  • Yahoo!ニュース…最新の話題、ニュース速報
  • Yahoo!…日本最大のポータルサイト
  • Yahoo!ショッピング…買い物、オークションのネットマーケット
  • 脱毛ラボ
  • 美容皮膚科
  • 銀座スキンクリニック